出産後、再発。咳喘息と診断されました。原因は妊娠などによる体調の変化だったのでしょうか。【Kさんの場合】

 

3歳のころに喘息と診断。

 

私は現在41歳の主婦です。3歳の頃に喘息と診断されました。
交通量の多い国道に面した場所に住んでいたので、当時公害と認定されていたようです。

 

その当時に、どのような薬を使っていたのか、どのような症状があったのは記憶にないのですが、母親と毎日のように小児科に通って、ネフライザーの吸引をしていた覚えがあります。

 

そんな喘息も小学校に入ることには徐々に改善に向かい、病院に行くことも少なくなりました。

 

とはいえやはり気管の弱さはあり、風邪を引くと咳が長引くという症状は残りましたが、10歳くらいには喘息ということはすっかり忘れるほどの健康体になりました。

 

 

出産の後、咳喘息に。

 

しかし、その喘息が復活してしまったのが、30歳で出産してからです。

 

最初は風邪を引き、咳が残ることはいつもと同様だったので、そのまま病院に行くこともありませんでした。

 

しかし、一ヶ月以上続き、特に夜間の咳が苦しく時に発作のようになるので、さすがに辛く呼吸器内科もある内科を受診しました。

 

血液検査や呼吸器の検査もして、とりあえず吸入ステロイド薬を試し、それが効けば「咳喘息」ということになると診断されました。

 

効果はすぐには表れませんでしたが、1週間くらいすると夜中の発作のような咳が治まりました。同時に昼間の咳も少なくなったので、次の診察で正式に「咳喘息」と診断されました。

 

その時は1ヶ月ほどで治り薬も止めましたが、その後風邪を引く度に同様の症状がでてしまいフルタイドという吸入ステロイド薬を使いました。

 

円盤のような器械に粉上の薬が入っており、60回分あるので1日2回で一か月分の薬です。

 

それを吸入し終わると喘息の症状が治まるので、しばらくは風邪を引く度に吸入ステロイド薬を使いましたが、年に3?4回ほどの頻度であったので
1年後には症状のあるなしにかかわらず毎日吸入するようになりました。

 

ステロイド薬ではありますが、吸入タイプなので全身に作用するものではないので、毎日続けても体に害のあるものではないようです。

 

 

症状を忘れるぐらいに安定。

 

毎日吸入するようになり1年、風邪を引いても咳が長引くようなことはなくなり、1週間程度で治るようになりました。

 

その後1日2回だったのを先生の指示で1日1回にし、その後8年以上経過していますが経過は良く、喘息であることは忘れているくらいです。

 

風邪を引いたとき、引きそうなときのみ1日2回の吸入にするなど、臨機応変に対応しています。

 

咳が長引くことと発作の苦しさは、子育てにも影響するので、その後吸引で落ち着いてずっと生活できているので、本当に薬に助けられています。

 

喘息とは今後もずっと付き合っていくことになりますが、ちゃんと通院して向き合っていこうと思っています。

 

(管理人からコメント)
Kさん、体験談を、お寄せいただきありがとうございました。
小児喘息が、大人になるまでに、すっかり症状が出なくなっていたとしても、妊娠がきっかけとなり再発ということもあるのですね。
女性にとって妊娠は、大きな体の変化が、いろいろと起こるのでしょう。
再発したときも、ちゃんと病院で医師に診てもらうことは大事ですよね。我慢しすぎずに、適切な治療の継続をしていくことで生活の質を保つようにしたいですね。
お母さんが、喘息の症状の発作などで苦しくて、まともに育児ができないなんてことになると、子どもにとっても良くないことですよね。
喘息持ちであってもQOL(クオリティオブライフ)を保つようにしたいですね。

前後のページ

このカテゴリの他の記事一覧

妊活中に喘息になり漢方薬や吸入薬を処方してもらった。喘息体質を受け入れることにした。
体質の遺伝で子どもが喘息になったのかな?ネブライザー吸入治療を続けています。
掃除をマメに、換気をして、布団をダニが寄り付かないのにし家具を変えアロマを炊くなどの対策をしました。
子どもが風邪をきっかけにぜんそくになってしまいました。
呼吸器専門の医師に診察してもらって根本的な治療を開始したのが症状の改善の転機となりました。
薬にアレルギー症状があった私。体力をつけることで小児喘息が改善されていったと思います。
息子の小児喘息の改善のためしたこと。発作はコントロールできると思います。
夜中に咳が続き喘息と診断されました。総合病院では改善されなかったので呼吸器専門の医院に行きました。
妊娠したときに喘息が再発し、発作が出たけれど、なんとか症状は落ち着いています。
大人になってから気管支喘息になった。死ぬこともある怖い病気だと実感した。
おそらく仕事が原因の強いストレスの影響で、咳喘息と診断されました。
介抱してくれる人がいた。スイミングをしていた。親に禁煙してもらった。
休職して仕事から離れたところ発作が出なくなった。ストレスが原因になっていた。