血液検査以外の検査などについて

血液検査以外の検査などについて

皮膚反応テスト

 

アレルギー反応が起こるかどうかを調べる検査です。皮膚に直接原因となっているのではないかと考えられるアレルゲンのエキスを触れさせて、その反応を確かめます。

 

スクラッチテスト・プリックテスト・皮内テストの3つがあります。このうち皮内テストが信頼性が、もっとも高いとされていますが、まれに発作が起こるなどの副反応が起こる可能性も高まります。

 

気道過敏性検査

 

気管支を収縮させ発作を発生させる働きのある薬を用いて、どのくらいの濃度の薬で反応し発作が起りやすいのかということを行う検査です。

 

乳児には行われないとされています。

 

気道の状態が良くないときには行われない検査となります。気道の過敏性を調べるための検査で気管支収縮作用のある薬の低濃度から吸入していくわけですから、発作に対処できる専門の医療機関で行うことがよいとされます。

 

この検査って、気管支収縮をわざと起こそうとするわけですから、喘息患者にとっては、ちょっと嫌な検査かもしれませんね。しかし、どの程度の気道過敏性があるのかを検査することは、喘息治療にとって大切なことなのでしょう。

 

呼吸機能検査(スパイロメトリー)

 

オートスパイロメーターという機器を用いて肺活量の測定を行います。

 

マウスピースを加えて鼻にクリップをつけて、合図で、すばやく一気に息を吐き出すことで測定をします。努力性肺活量・一秒量・PEFR(最大呼気流速)・抹消気道(V25)などがあります。

 

この検査は、喘息治療の成果がでているかどうかを知るための大切なデータともなります。

 

よく肺活量を計るときに、ドラム缶みたいなのが動く装置がありますが、ああいった機器の仲間なんでしょうね。今では、もっと発達した機器が開発されているんじゃないでしょうか。

 

アレルゲン吸入テスト

 

他の検査ではアレルゲン特定が困難なときに行われるテストです。アレルゲンと考えられるエキスを薄めて低濃度から吸入を行い発作が発生するかどうか調べる検査です。

関連ページ

どの科で喘息かどうかの診断をしてもらうか
20年以上ぜんそくの発作に苦しんだけれど完治した男の喘息治療参考情報サイトです。今は日々の喘鳴や息苦しさから開放され治った状態。呼吸が楽にできる、気道が狭くなることがない、息切れしないなどなど、喘息の治療が必要なくなるほどまでに回復し根治し治した元喘息患者が、喘息に関して思うところを掲載しています。
専門医が診断を下す過程は?
20年以上ぜんそくの発作に苦しんだけれど完治した男の喘息治療参考情報サイトです。今は日々の喘鳴や息苦しさから開放され治った状態。呼吸が楽にできる、気道が狭くなることがない、息切れしないなどなど、喘息の治療が必要なくなるほどまでに回復し根治し治した元喘息患者が、喘息に関して思うところを掲載しています。
問診では、どのような内容が聞かれるか
20年以上ぜんそくの発作に苦しんだけれど完治した男の喘息治療参考情報サイトです。今は日々の喘鳴や息苦しさから開放され治った状態。呼吸が楽にできる、気道が狭くなることがない、息切れしないなどなど、喘息の治療が必要なくなるほどまでに回復し根治し治した元喘息患者が、喘息に関して思うところを掲載しています。
よい診断をしてもらうための事前準備など
20年以上ぜんそくの発作に苦しんだけれど完治した男の喘息治療参考情報サイトです。今は日々の喘鳴や息苦しさから開放され治った状態。呼吸が楽にできる、気道が狭くなることがない、息切れしないなどなど、喘息の治療が必要なくなるほどまでに回復し根治し治した元喘息患者が、喘息に関して思うところを掲載しています。
喘息では運動をしていなくても息苦しくなることがある
20年以上ぜんそくの発作に苦しんだけれど完治した男の喘息治療参考情報サイトです。今は日々の喘鳴や息苦しさから開放され治った状態。呼吸が楽にできる、気道が狭くなることがない、息切れしないなどなど、喘息の治療が必要なくなるほどまでに回復し根治し治した元喘息患者が、喘息に関して思うところを掲載しています。
喘息検査の種類+血液検査について
20年以上ぜんそくの発作に苦しんだけれど完治した男の喘息治療参考情報サイトです。今は日々の喘鳴や息苦しさから開放され治った状態。呼吸が楽にできる、気道が狭くなることがない、息切れしないなどなど、喘息の治療が必要なくなるほどまでに回復し根治し治した元喘息患者が、喘息に関して思うところを掲載しています。