喘息では運動をしていなくても息苦しくなることがある

喘息では運動をしていなくても息苦しくなることがある

問診で喘息であることの決め手になりえるのは、主に症状のことでしょう。

 

・夜中から明け方に発作が起こる
・運動していなくても、突然息苦しくなることがある
・発作は収まっていくが、また発作が起きるということを繰り返す

 

などなどの症状が、喘息である疑いが、より濃くなる要素とされています。

 

運動をしていなくても、つまり安静にしていても発作が起こるのは喘息に特徴的な症状です。

 

普通の身体を動かして起こる呼吸困難を労作性呼吸困難といいますが、ぜんそくの場合は運動していなくても息苦しくなることがあるわけです。

 

私は、学生のころ授業を受けているときでも息苦しくなったものです。痰がつまるもんで、とりあえず胸とか喉に詰まっているのを出すんですが、授業中ですから、そこで吐き出すとかティッシュに回収するとかできないので、口の中に貯めていました。

 

量が半端なく出てくるもんですから、困ったものでしたね。

関連ページ

どの科で喘息かどうかの診断をしてもらうか
20年以上ぜんそくの発作に苦しんだけれど完治した男の喘息治療参考情報サイトです。今は日々の喘鳴や息苦しさから開放され治った状態。呼吸が楽にできる、気道が狭くなることがない、息切れしないなどなど、喘息の治療が必要なくなるほどまでに回復し根治し治した元喘息患者が、喘息に関して思うところを掲載しています。
専門医が診断を下す過程は?
20年以上ぜんそくの発作に苦しんだけれど完治した男の喘息治療参考情報サイトです。今は日々の喘鳴や息苦しさから開放され治った状態。呼吸が楽にできる、気道が狭くなることがない、息切れしないなどなど、喘息の治療が必要なくなるほどまでに回復し根治し治した元喘息患者が、喘息に関して思うところを掲載しています。
問診では、どのような内容が聞かれるか
20年以上ぜんそくの発作に苦しんだけれど完治した男の喘息治療参考情報サイトです。今は日々の喘鳴や息苦しさから開放され治った状態。呼吸が楽にできる、気道が狭くなることがない、息切れしないなどなど、喘息の治療が必要なくなるほどまでに回復し根治し治した元喘息患者が、喘息に関して思うところを掲載しています。
よい診断をしてもらうための事前準備など
20年以上ぜんそくの発作に苦しんだけれど完治した男の喘息治療参考情報サイトです。今は日々の喘鳴や息苦しさから開放され治った状態。呼吸が楽にできる、気道が狭くなることがない、息切れしないなどなど、喘息の治療が必要なくなるほどまでに回復し根治し治した元喘息患者が、喘息に関して思うところを掲載しています。
喘息検査の種類+血液検査について
20年以上ぜんそくの発作に苦しんだけれど完治した男の喘息治療参考情報サイトです。今は日々の喘鳴や息苦しさから開放され治った状態。呼吸が楽にできる、気道が狭くなることがない、息切れしないなどなど、喘息の治療が必要なくなるほどまでに回復し根治し治した元喘息患者が、喘息に関して思うところを掲載しています。
血液検査以外の検査などについて
20年以上ぜんそくの発作に苦しんだけれど完治した男の喘息治療参考情報サイトです。今は日々の喘鳴や息苦しさから開放され治った状態。呼吸が楽にできる、気道が狭くなることがない、息切れしないなどなど、喘息の治療が必要なくなるほどまでに回復し根治し治した元喘息患者が、喘息に関して思うところを掲載しています。