専門医が診断を下す過程は?

専門医が診断を下す過程は?

専門医が診断を下す過程は、
問診・視診・触診・聴診→各検査→診断
となります。

 

診断では、喘息以外の病気でないかどうか、喘息がアトピー型か非アトピー型であるのかなどの鑑別や、喘息の重症度の判定などが重要とされています。

 

アトピー型か非アトピー型かは、皮膚反応テストか血液検査を用いることで判明します。

 

以後のページで詳しく解説していきます。

 

東洋医学の場合だと、また違った診断過程があります。

 

たとえば、私は、喘息とアトピーでお世話になった医院で、最初に寝転がって仰向けになり、医師がお腹を、ちょっと押す感じでの触診?をしていました。証を見るっていうんじゃないでしょうか。

 

おそらく、お腹の張り具合とか、柔らかいかどうかなどを調べていたんだと思います。

 

その医院では西洋薬以外に漢方薬も出してもらっていましたね。

 

さらに聴診器で胸の音などを聞いたりしました。あとは血液検査や胸のレントゲンを撮影した覚えがあります。

 

喘息の検査には、他にも、いろいろとあるようですが、私が大人になってから医院で行った検査は、そんなに多くなかったんじゃないでしょうか。

 

小児喘息のころは、もっと検査したんでしょうね。

関連ページ

どの科で喘息かどうかの診断をしてもらうか
20年以上ぜんそくの発作に苦しんだけれど完治した男の喘息治療参考情報サイトです。今は日々の喘鳴や息苦しさから開放され治った状態。呼吸が楽にできる、気道が狭くなることがない、息切れしないなどなど、喘息の治療が必要なくなるほどまでに回復し根治し治した元喘息患者が、喘息に関して思うところを掲載しています。
問診では、どのような内容が聞かれるか
20年以上ぜんそくの発作に苦しんだけれど完治した男の喘息治療参考情報サイトです。今は日々の喘鳴や息苦しさから開放され治った状態。呼吸が楽にできる、気道が狭くなることがない、息切れしないなどなど、喘息の治療が必要なくなるほどまでに回復し根治し治した元喘息患者が、喘息に関して思うところを掲載しています。
よい診断をしてもらうための事前準備など
20年以上ぜんそくの発作に苦しんだけれど完治した男の喘息治療参考情報サイトです。今は日々の喘鳴や息苦しさから開放され治った状態。呼吸が楽にできる、気道が狭くなることがない、息切れしないなどなど、喘息の治療が必要なくなるほどまでに回復し根治し治した元喘息患者が、喘息に関して思うところを掲載しています。
喘息では運動をしていなくても息苦しくなることがある
20年以上ぜんそくの発作に苦しんだけれど完治した男の喘息治療参考情報サイトです。今は日々の喘鳴や息苦しさから開放され治った状態。呼吸が楽にできる、気道が狭くなることがない、息切れしないなどなど、喘息の治療が必要なくなるほどまでに回復し根治し治した元喘息患者が、喘息に関して思うところを掲載しています。
喘息検査の種類+血液検査について
20年以上ぜんそくの発作に苦しんだけれど完治した男の喘息治療参考情報サイトです。今は日々の喘鳴や息苦しさから開放され治った状態。呼吸が楽にできる、気道が狭くなることがない、息切れしないなどなど、喘息の治療が必要なくなるほどまでに回復し根治し治した元喘息患者が、喘息に関して思うところを掲載しています。
血液検査以外の検査などについて
20年以上ぜんそくの発作に苦しんだけれど完治した男の喘息治療参考情報サイトです。今は日々の喘鳴や息苦しさから開放され治った状態。呼吸が楽にできる、気道が狭くなることがない、息切れしないなどなど、喘息の治療が必要なくなるほどまでに回復し根治し治した元喘息患者が、喘息に関して思うところを掲載しています。