どの科で喘息かどうかの診断をしてもらうか

どの科で喘息かどうかの診断をしてもらうか

喘息と似たような症状を起こすのだけれど、「喘息」ではないケースもあります。

 

そこで息苦しい・ヒーヒーと喘鳴があるなどのときに、その症状は喘息が原因となっているのかどうか、医師に診断してもらう必要がありますね。

 

では、専門医は、どのような検査を行うのでしょうか。喘息かどうかを検査するには呼吸器科・アレルギー科となります。子供の場合は小児科となるでしょう。

 

自分に喘息の疑いがあるかどうか、まずは症状のチェックポイントを意識して検討しておきたいところです。

 

チェックポイントは、
安静時にも息苦しくなることがあるかどうか、
座っているほうが呼吸が楽など、詳しくは【喘息の症状の種類】を参考にしてください。

 

実は喘息なんだけれど気づくことができずにアレルギー科や呼吸器科以外で診察を受けて改善しないということがないようにしたいものですね。

 

 

喘息と診断する有力な症状として、
夜中から明け方に発作が起こるということが挙げられます。

 

私が、子供のころは、そういう状態でした。

 

寝る時間になると、ゴホゴホと咳き込んで寝ることができず、座って発作を耐えていたそうです。

 

親は、そんな私の背中を叩いて、少しでも楽にしてあげようとしてくれていました。私の喘息発作のために家族に迷惑をかけていましたね。

関連ページ

専門医が診断を下す過程は?
20年以上ぜんそくの発作に苦しんだけれど完治した男の喘息治療参考情報サイトです。今は日々の喘鳴や息苦しさから開放され治った状態。呼吸が楽にできる、気道が狭くなることがない、息切れしないなどなど、喘息の治療が必要なくなるほどまでに回復し根治し治した元喘息患者が、喘息に関して思うところを掲載しています。
問診では、どのような内容が聞かれるか
20年以上ぜんそくの発作に苦しんだけれど完治した男の喘息治療参考情報サイトです。今は日々の喘鳴や息苦しさから開放され治った状態。呼吸が楽にできる、気道が狭くなることがない、息切れしないなどなど、喘息の治療が必要なくなるほどまでに回復し根治し治した元喘息患者が、喘息に関して思うところを掲載しています。
よい診断をしてもらうための事前準備など
20年以上ぜんそくの発作に苦しんだけれど完治した男の喘息治療参考情報サイトです。今は日々の喘鳴や息苦しさから開放され治った状態。呼吸が楽にできる、気道が狭くなることがない、息切れしないなどなど、喘息の治療が必要なくなるほどまでに回復し根治し治した元喘息患者が、喘息に関して思うところを掲載しています。
喘息では運動をしていなくても息苦しくなることがある
20年以上ぜんそくの発作に苦しんだけれど完治した男の喘息治療参考情報サイトです。今は日々の喘鳴や息苦しさから開放され治った状態。呼吸が楽にできる、気道が狭くなることがない、息切れしないなどなど、喘息の治療が必要なくなるほどまでに回復し根治し治した元喘息患者が、喘息に関して思うところを掲載しています。
喘息検査の種類+血液検査について
20年以上ぜんそくの発作に苦しんだけれど完治した男の喘息治療参考情報サイトです。今は日々の喘鳴や息苦しさから開放され治った状態。呼吸が楽にできる、気道が狭くなることがない、息切れしないなどなど、喘息の治療が必要なくなるほどまでに回復し根治し治した元喘息患者が、喘息に関して思うところを掲載しています。
血液検査以外の検査などについて
20年以上ぜんそくの発作に苦しんだけれど完治した男の喘息治療参考情報サイトです。今は日々の喘鳴や息苦しさから開放され治った状態。呼吸が楽にできる、気道が狭くなることがない、息切れしないなどなど、喘息の治療が必要なくなるほどまでに回復し根治し治した元喘息患者が、喘息に関して思うところを掲載しています。