精神論だけじゃないはず!

精神論だけじゃないはず!

喘息を患っている人は、精神論に負けないで、いろいろな治療法のバランスをとりつつ、かしこく治療していただきたいです。

 

今の喘息治療は、ちゃんとした治療法が確立されているのでないでしょうか。

 

その知識を勉強してほしい。

 

子供が小さかったら親は必死で勉強してわが子の小児喘息を、あせらず、でも早めに治してあげてほしいです。その後の人生、だいぶ変わるでしょう。

 

よく病気を治しただけで人生が変わるわけではないっていうことを聞くことがありますが、自分の人生を送る、希望を持って生きる前提としての「健康」な状態を手に入れられる、このことだけでも、人生長い目で見れば、「あのとき、喘息が治ってよかった」って思えるときが、必ずあるかと思います。

 

「健康」は失ってみて、初めてその大切さが分かるっていいますよね。

 

喘息が治って、息苦しい夜を過ごすことなく、ゆったりと布団に入って気持ちよく寝ることができる。これ一つとってみても、十分幸せを感じることができるんじゃないでしょうか。また、そういう日常を快適に過ごせることをもって人生変わったって言ってもいいんじゃないでしょうか。

 

要するに、自分が生きたい人生を生きるためには、「健康」というのは、絶対にあったほうがいい状態ですよね。