医者まかせにはしすぎない

医者まかせにはしすぎない

【医者まかせにしないという高い意識をもちたい】

 

医療機関に行くと問診といって、これまでどんな病気にかかったことがあるかや、いつごろからの症状なのか、家族にアレルギーの人がいるかどうかなどを聞かれたり、診察前に問診表に記入したりします。

 

たいていの方は、なんにも用意せずに病院に行ってしまうと思いますが(私もそうでした)、できれば、自分が小さいときの症状の様子とか、親戚や自分の家系のなかにアレルギーの人がいなかったかどうかなどを、親やおばあちゃん、おじいちゃんに聞いておくほうが、より正確に医師に自分の情報を伝えることができ、医師も判断材料が増えることになるので、患者も事前準備を、ぜひ意識してしておくほうがいいでしょう。

 

メモしていくと確実ですよね。

 

医者とのコミュニケーションがうまくいけば診察時間を有効に使うことができますよね。

 

また、患者としての努力をしていますっていう姿勢を医師に見せることで、よりしっかりと診察しないと…って思ってくれるかもしれません。

 

医師は患者を、みなできる限りの医師の力を発揮してみてくれるとは思いますが。

 

でも、医者も人間ですから、いろいろと事前に調べてきたり、質問してきたりする患者のときには、「熱心な患者さんだな…」ぐらいは思ってくれるかもしれませんよね。

 

自分の病気を知ること。
これは、医師だけの仕事ではなく、患者にも大切な仕事なんだと思います。

関連ページ

喘息の症状の種類
20年以上ぜんそくの発作に苦しんだけれど完治した男の喘息治療参考情報サイトです。今は日々の喘鳴や息苦しさから開放され治った状態。呼吸が楽にできる、気道が狭くなることがない、息切れしないなどなど、喘息の治療が必要なくなるほどまでに回復し根治し治した元喘息患者が、喘息に関して思うところを掲載しています。
アトピー型と非アトピー型
20年以上ぜんそくの発作に苦しんだけれど完治した男の喘息治療参考情報サイトです。今は日々の喘鳴や息苦しさから開放され治った状態。呼吸が楽にできる、気道が狭くなることがない、息切れしないなどなど、喘息の治療が必要なくなるほどまでに回復し根治し治した元喘息患者が、喘息に関して思うところを掲載しています。
即時型ぜんそくと遅効型ぜんそく
20年以上ぜんそくの発作に苦しんだけれど完治した男の喘息治療参考情報サイトです。今は日々の喘鳴や息苦しさから開放され治った状態。呼吸が楽にできる、気道が狭くなることがない、息切れしないなどなど、喘息の治療が必要なくなるほどまでに回復し根治し治した元喘息患者が、喘息に関して思うところを掲載しています。
咳がでていても喘息でない場合
20年以上ぜんそくの発作に苦しんだけれど完治した男の喘息治療参考情報サイトです。今は日々の喘鳴や息苦しさから開放され治った状態。呼吸が楽にできる、気道が狭くなることがない、息切れしないなどなど、喘息の治療が必要なくなるほどまでに回復し根治し治した元喘息患者が、喘息に関して思うところを掲載しています。
喘息死について
20年以上ぜんそくの発作に苦しんだけれど完治した男の喘息治療参考情報サイトです。今は日々の喘鳴や息苦しさから開放され治った状態。呼吸が楽にできる、気道が狭くなることがない、息切れしないなどなど、喘息の治療が必要なくなるほどまでに回復し根治し治した元喘息患者が、喘息に関して思うところを掲載しています。
せきぜんそくについて
20年以上ぜんそくの発作に苦しんだけれど完治した男の喘息治療参考情報サイトです。今は日々の喘鳴や息苦しさから開放され治った状態。呼吸が楽にできる、気道が狭くなることがない、息切れしないなどなど、喘息の治療が必要なくなるほどまでに回復し根治し治した元喘息患者が、喘息に関して思うところを掲載しています。
リフォームすれば喘息は治るのか?
20年以上ぜんそくの発作に苦しんだけれど完治した男の喘息治療参考情報サイトです。今は日々の喘鳴や息苦しさから開放され治った状態。呼吸が楽にできる、気道が狭くなることがない、息切れしないなどなど、喘息の治療が必要なくなるほどまでに回復し根治し治した元喘息患者が、喘息に関して思うところを掲載しています。