せきぜんそくについて

せきぜんそくについて

喘息ではないんだけれど、似ている症状となる「せきぜんそく」というものがあります。

 

空咳が一ヶ月以上も続いていて、「この咳はなんだろう?風邪が長引いているのかな〜」と思っていたら、じつは、そのカラぜきの症状は「せきぜんそく」であったということになりえるわけですね。

 

空咳とは乾いたような咳のことです。

 

そして、せきぞんそくとなった人の約3割が「喘息」となってしまうといわれています。

 

医師の治療により、適切な処置を行い「せきぜんそく」から「喘息」へと移行しないようにしたいものです。

 

せきぜんそくと本格的な喘息との違いとしてあげられるのは・・・

 

  • 痰が、そんなにからまない
  • 息苦しくはならない
  • 発作がない
  • ゼイゼイとかヒューヒューと喉がならない(喘鳴がない)

 

などですね。

 

せきぞんそくと喘息で同じ点として挙げられるのは…
好酸球が増えている
アレルギー性の炎症が起こっている
気管支が過敏となっている
などです。

 

市販の咳止めの薬(鎮咳薬)では治らないとされています。

 

せきぜんそくの症状として他には、

 

  • 夜寝る時間帯、深夜から明け方にかけて咳がでるケースが多い
  • タバコの煙に反応して咳がでる
  • 寒暖の差、冷気で咳がでる
  • 運動したりしたときや、緊張すると咳がでる
  • 女性に多い
  • 風邪がきっかけに起こるケースが多い
  • 長時間の会話をしていると咳がでてくる

 

このなかでも、夜中から明け方に咳き込んでしまう症状は夜寝れないっていう苦しい状況になってしまいますね。

 

不眠となってしまうということです。

 

喘息だった私も、せきぜんそくとは違いますが、夜中に咳き込んで寝れないというのは、つらいものでした。

 

というか、それが当たり前になるので、そのうち「つらい」という感情も感じなくなってきて、ただやりすごすだけ、いつものことと、自分に言い聞かせるようになり、しんどさを忘れようという「心の防衛反応」が起こるようになってくるのではないでしょうか。

 

治療は、気管支拡張薬・吸入ステロイド薬・抗アレルギー薬などとなります。